Lucy's Blog lucyk.exblog.jp

Radio DJ : Lucy Kent


by Lucy Kent
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

19日は目黒Blues Alleyでごった煮ライブ!!
d0116799_03031.jpg

村上“ポンタ”秀一ドラム大先生、神谷えりちゃん&柴田敏弥君とFriendsでその日しか聞くことが出来ないSpecial なライブイヴェント開催。

1月のある日。。えりちゃんの呼びかけにより4人で打ち合わせ。
d0116799_0313987.jpg

休憩なしの4時間半。。朝からのリハを含めると、Pontaさん、えりちゃん&トシ君は終日の演奏。本当にお疲れ様でした。

立ち見もでてしまうSold Out Live。遊びに来てくださったお客様に感謝。特に立って見ていてくださった皆様、お疲れになったのではないでしょうか・・・最後まで見ていてくださり感謝しております。

昨日はEriちゃんとお電話でPt2.の打ち合わせを近いうちにしましょう!と話しました。
Pt.2の日時が決定しましたら、ここでご報告しますね!

2010年2月19日
ごった煮セッション祭り@Blue Alley Japan。
vocals 神谷えり、木根尚登(from TM NETWORK)、種浦マサオ、江本孟紀、森口博子、仲井戸麗市、DANCE★MAN、unico、北山陽一(from ゴスペラーズ)、piano,keyboard 柴田敏弥、宮崎裕介、guitar 伊原"anikki"広志、bass 坂本竜太、船曳耕市、柳原旭、後藤勝臣、drums 村上"ポンタ"秀一、 河相我聞、村上広樹、CHIYOPON Chiyo Tia(vo)Yuji Hamanaka(g)、船曳耕市BAND Daisuke(vo)keiko(key)船曳 耕市(bs)望月 敬史(ds) &スペシャルゲスト!!MC Lucy Kent
[PR]
by lucykent824 | 2010-02-24 00:29 | Comments(0)
NHK FM Music Plaza
今日は10年ぶりに新作を発表したsadeを特集。
d0116799_025589.jpg

SadeはHelen Folasade Adu を中心としたとはバンド名。
ナイジェリア人の父とイギリス人(看護婦)の母を持つとても美しい女性。
4歳までお父様のふるさとナイジェリアで育ちます、ナイジェリアに住んでいる頃に、Folasadeを短くしSadeと呼ばるようになったそう。。ご両親の離婚を機にお母様のふるさとイギリスに移住(Essex)。アメリカン・ソウル・ミュージックを聴いて育った彼女はティーンエイジャーの頃、週末アルバイトをしていたFinsbury ParkにあるシアターでJackson 5の演奏を見て、ライブよりもそこに集まっていたオーディエンスの世代や人種を超えていた事に驚き、魅了されてしまったとの事。

その後、ロンドン美術学校に入学し(St Martin's School Of Art)、そこでファッション・デザインを3年間学びます。メンズ・ファッションのデザインを手掛けながらモデルとして活躍し、自らのブランドも立ち上げます。
当時彼女がデザインした衣装は、ライブ用にも使用されていたとか。。。デザイナーとして成功していた彼女ですが、やはり、彼女の心の中にあったのは、音楽。
友人のバンドのバック・コーラスの一員として音楽のキャリアをスタート。活動していくうちに才能を認められ、バンドのリード・ヴォーカルと作曲を担当。93年、ついに自らのバンド『シャーデー』を結成。魅力的なルックスとソフィスティケイトされたサウンドは一躍シーンで大きな話題となり、デビュー。
1984年、デビュー・シングルの「ユア・ラヴ・イズ・キング」に続いて発表されたアルバム「ダイアモンド・ライフ」も大ヒット。翌年発表されたセカンドアルバム「プロミス」は全英/全米アルバム・チャート1位に輝いたこの作品は、シングル「スウィーテスト・タブー」の大ヒットもあって、その年のグラミー賞の最優秀新人賞も獲得、世界的名声も得る事となります。
88年、セルフ・プロデュースによって制作されたサード・アルバム「ストロンガー・ザン・プライド Stronger Than Pride」、その4年後に発表された「ラブ・デラックス」(1992年)。いずれもTop10ヒットとなり、ツアーのライブ音源を収めたライブ盤とベストアルバムを発表したのですが、彼女が妊娠、出産したこともあり、長い充電期間に入ります。

2000年、ひさしぶりのアルバム「ラヴァーズ・ロック」を発表したSade。クールさも変わらず。。ソフィスティケイとされたSadeサウンドも変わらず、しかしそこに母となったシャーデー・アデューの深みのあるボーカルが加えられていました。Sadeの魅力はたくさんありますが、特に私は彼らの流行りに左右されないオリジナルなところ。。そして、Sade Aduの声に魅了されています。

エキゾチック・・ソフィスティケテッド・・Etc.,と形容される彼女。確かにその通り。。
しかし彼女は:「"It wasn't marketing," she says, wearily. "It was just me. And I wasn't trying to promote an image."そう言ったイメージで宣伝しようと思った事はない。。ただ。ありのままの私を表すだけ。。。」とあるインタビューで答えていました。

アルバムを発表するたびに。。年を重ねるほどにますます魅力的になるSadeとシャーデー・アデュー。「ラヴァーズ・ロック」も待たされ甲斐のある作品でしたね。。そして、再び。。10年待たされました。久し振りとなる新作『ソルジャー・オブ・ラヴ』。

いつものように、クールでありながらも情熱的に愛のメッセージを届けてくれています。
「私は何か伝えたいことがあると感じた時にアルバムを作ります。売るためにアルバムを作る気はないの。。。Sadeはブランドではないのだから。。」

これまでの20年間、パーソナル・ライフを優先していた彼女。89年に結婚し、96年に出産、新世紀を迎えてすぐに、北ロンドンからイングランド南西部にあるグロスターシャー州にお引っ越し、現在もそこに新たなパートナーと住み時間をすごしているという。

「人として成長する時間を自分に許容する限り、芸術家としても成長できるはず。。親になったこと、様々な経験によって前へ進んで行ったこと。。今だから作ることが出来た作品『Soldier of Love』。ファンの皆様には待たせてしまい、申し訳なく思っています。。でも、この作品をとても誇りに思っています」。

2008年、ピーター・ガブリエルのReal World studioに集まった仲間たち。Lover's Rock tour終了後の2001年以来の再会。そして2009年にアルバムが完成。

アルバム・タイトル曲はビートの効いたサウンドでSade Aduも力強く歌っているちょっと驚きのサウンドを聴かせますが。。それもあり!ですね。そして、アルバムのオープニング・ナンバー「The Moon and the Sky」もこれまでとはちょっと違うアレンジ。
「同じ事を繰り返したいとは思いません。より長く、一緒に続けるためにはチャレンジも必要」。と話す彼女。

しかし、ご安心ください。。デビューから完成したスタイルを築き、進化しながらも流行に左右されず、スタイルを変えない。。そのスタイルはしっかり貫いています。

やはりSadeはいい!!とアルバムを聴きながら幸せな気分になりました。

http://www.sade.com/gb/home/
http://www.youtube.com/watch?v=mhcGcfnMaC8&feature=related
[PR]
by lucykent824 | 2010-02-23 00:23 | Comments(0)

Beach

昨年の秋からビーチの近くに住んでいます。。
まだまだ寒いけれど。。

確実に 春は近寄ってきてるのを感じます。

d0116799_0223460.jpg


実際、こんなに足が長いといいな~~(^^)
Hope you had a Lovely Weekend ;)
[PR]
by lucykent824 | 2010-02-21 00:19 | Comments(0)