Lucy's Blog lucyk.exblog.jp

Radio DJ : Lucy Kent


by Lucy Kent
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今日はカナダ大使館『オスカーピーターソンシアター』にて開催されるフリー・ザ・チルドレン・ジャパン主催「We Day」上映会&Dewチャリティーライブの司会をしてきました。

We Day上映会&Dewチャリティーライブ  -みんなの力で世界を変えよう!-
d0116799_055789.jpg

フリー・ザ・チルドレン(Free The Children)は1995年、当時12歳、カナダ在住のクレイグ・キールバーガー少年によって設立された国際協力団体。学校へ行く前のある朝、新聞を手にし、同じ年頃の子どもたちが貧しさの為に学校へも行けず強制労働を強いられ、しかもそのうちの半分もの子どもは非常に危険な環境で働かされているという事実を知り、自分との生活環境の違いに、てもショックを受けたそう。同じ子どもの問題なら自分たち子どもで取組もうと「フリー・ザ・チルドレン」を設立。まずは教会や学校の友人に呼びかけ、新聞で読んだ事実を伝えると、多くの友人が賛同し、彼の活動に参加。。

クレイグ君は、ストリートチルドレンや強制労働を強いられている子どもたちに会いに行くため、また、子どもの権利を広めるために世界30カ国以上の国々を旅したのだそうです。ネットワークはどんどん広がってゆき 今では、カナダ・アメリカ・ヨーロッパ・インド・ブラジル・ケニア・日本など20カ国以上で多くの子どもたちが活動を展開しています。

フリー・ザ・チルドレンのFreeは、「解放する、自由にする」という意味。
日本では1999年よりフリー・ザ・チルドレン・ジャパン(FTCJ)として日本での活動もスタートしています。
FTCJ HPより抜粋:
↓ ↓ ↓
1.貧困や児童労働から子どもを解放する。
2.子どもには社会や世界を変える力がない、という考えから子どもを解放する。
フリー・ザ・チルドレン(Free The Children)の設立者は、12歳の少年だったこともあり、子どもが主体的に活動することを大切にしています。つまり、「子どもが子どもを支援する」国際協力を合言葉に活動しています。

その活動を協力する在日カナダ大使館からご連絡を頂き、私もボランティアとして参加させて頂いています。
休日を返上し、このイヴェントの為に集まる大使館の皆さん、そして広報のクリスティーン中村さんのお母様の手作りランチ&ディナー。皆さんが協力し合う100%チャリティーに感動。
昨年はモンキー・マジックによるライブとチャリティー・オークション。
d0116799_0554936.jpg

そして今年は高校3年間をカナダで過ごした清水悠さんと大西春奈さんからなるデュオDewがライブを行いました。
d0116799_0563379.jpg

2008年にメジャーデビューし、その美しいハーモニーで人気を集める二人。
11月17日には待望のニューシングル「CRY」も発表されました。
そして12月15日には2ndフルアルバム「SEASONS」も発表されます。
お二人のライブの前にカナダで開催されたWe Dayの模様を収めた映像を上映。
We Dayは、人気アーティストによるライブ等の音楽やダンスパフォーマンスを交えながら、アル・ゴアをはじめとする著名人のスピーチや体験談を通して世界中の貧困に苦しむ子供達について学ぶ、という世界規模のイベント。「みんなの力で世界を変えよう!」というメッセージが発信されました。
続いてDewによるチャリティーライブ。ライブ終了後にはサイン&握手会も行われ。
イベントの合間に休憩もあり、ロビーではチャリティーオークションもDewのお二人からは、CD撮影中のポラロイド写真やサイン入りポスターも出品されていました
このチャリティー・ライブの収益は、インド・ラジャンスタン州ウダイプール地区における、井戸設置と教育支援に使用されるそうです。
http://www.ftcj.com/special/charicon10dew/index.html
[PR]
by lucykent824 | 2010-11-20 00:53 | Comments(0)

NHK FM Music Plaza 11/2

毎週火曜日はNHK FMでMusic Plazaの生放送。
私が毎週担当しているのは90年代以降の洋楽。
毎月第一週目は1990年から現在までの間の一年にスポットを当てて、その年のトップ100から選曲をして特集するマンスリー企画。今日は1993年のヒット曲をお送りしました。

さて、93年はどんな出来事があったのでしょうか?
Wikipediaをチェックしてみました。

ビル・クリントンがアメリカ合衆国大統領に就任。大相撲の曙が外国人力士として初めて横綱に昇進。荻原健司さんがノルディックスキー世界選手権に続きワールドカップでも日本人初の個人総合優勝と大活躍。そしてこの年はサッカーも熱い年となりました。まずは5月にはJリーグが開幕。しかし、10月には サッカー日本代表対イラク戦で、ロスタイムの失点でW杯出場を逃すドーハの悲劇が。。。国内試合と国際試合。。どちらもおおいに盛り上がった年でしたね。6月には 皇太子徳仁親王と小和田雅子さんのご成婚。8月には 東京都港区にレインボーブリッジが開通。10月ネルソン・マンデラとフレデリック・ウィレム・デクラークにノーベル平和賞。スクリーンではスティーヴン・スピルバーグ監督のジュラシック・パークが大ヒット。映画化もされたロバート・ジェームズ ウォラー 『マディソン郡の橋』がベストセラーとなりました。J-Popシーンではclass「夏の日の1993」、ZARD「負けないで」、藤井フミヤさん「TRUE LOVE」、山根康広さん「Get Along Together」などがヒット。この年の新語・流行語大賞には Jリーグ、サポーター、FA(フリーエージェント)等が選ばれました。

1993の洋楽ヒッツ、年間チャートトップ10は:

1. The Sign, Ace Of Base
2. I Swear, All-4-One
3. I'll Make Love to You, Boyz II Men
4. The Power of Love, Celine Dion
5. Hero, Mariah Carey
6. Stay (I Missed You) , Lisa Loeb and Nine Stories
7. Breathe Again, Toni Braxton
8. All for Love, Bryan Adams, Rod Stewart and Sting
9. All That She Wants, Ace Of Base
10. Don't Turn Around, Ace Of Base

Ace of Baseがなんと3曲も!
他7曲はすべてバラードと言うのも興味深い結果。

私が今日、番組でかけたのは:
INFORMER / SNOW
元々キッスやクィーンなどを好むロック少年が、レゲエと出会いN.Y.のヒップ・ホップ界の大御所MCシャンに見出され、1993年「インフォーマー」でデビューしたSnow。 レゲエとヒップ・ホップをミックスしたサウンドで7週連続No.1に。。全米年間チャートでは10位を記録する大ヒットとなりました。

WHAT'S UP? / 4 NON BLONDES
全米では92年に、93年にワールドワイドにはワールド・ワイド・デビューを飾ったアルバム『Bigger, Better, Faster, More』からWhat's Up。バンドはこの一枚だけを残し1995年に解散してしまうのですが、ヴォーカルのリンダ・ペリーはその後ソロ活動を行い、またソングライターとしてもP!NKの「Get the Party Started」、クリスティーナ・アギレラの「Beautiful」「Hurt」などのヒット曲を生み、ソングライター/プロデュサーとしてっ大活躍しています。あのジェイムス・ブラントを発掘したのも彼女だとか。。年間チャートで50位を記録したWhat's up。

RUNAWAY TRAIN / SOUL ASYLUM
81年、ミネソタ州ミネアポリスで結成されたソウル・アサイラム。地元インディーズよりアルバムを発表するも、期待するほど功績は上がらず、クラブ廻りの下積み生活を続けていたそう。。。90年代に入り、ついにメジャーから発表された『グレイヴ・ダンサーズ・ユニオン』がブレイク。ようやくソウル・アサイラムの名はアメリカ全土に広まります。「サムバディ・トゥ・ショーヴ」「ランナウェイ・トレイン」「ミザリー」といったシングルがヒットしスターの仲間入りをしました。年間チャート22位の大ヒットとなったRunaway Train。

IF I EVER FALL IN LOVE / SHAI
ハワード大学に通っていた3人のメンバーに友人ひとりの4人で結成されたShai。メンバーの一人が友人のDJにデモを渡すとその曲がオンエアーされ話題となりレーベルと契約。わずか3週間でアルバムを仕上げたのだそうです。運命を変えたデモテープに収められていたその曲はデビュー・アルバムの1st.シングルとして発表され、年間7位の大ヒットとなったIf I ever fall in Love。

THE RIGHT KIND OF LOVE / JEREMY JORDAN
幼い頃から孤児院や、いろいろな里親の元で生活をしていた彼は13歳の時、教会でゴスペルと出会い聖歌隊に入り、そこで歌うことを学び始めたそう。 17歳の時、孤児院を脱走し、頼る宛てもなくシカゴへと向かい、ホームレースの為の施設や、地下鉄で眠る日々を送り、ある日立ち寄ったお店がたまたまシカゴの元マネージャーがオーナーのお店だったそう。何度かお店に通い、ようやくオーナーと会えたジェレミー君は即興で Boyz II Men の「It's So Hard To Say Goodbye To Yesterday」をアカペラで歌い、そのオーナーは彼のマネージャーとなり、Al B SureやRobbie Nevile、Keith Thomasといった当時の売れっ子プロデューサーの指揮の下、1993年デビューアルバムとなる「Try My Love」を発表。ブロンドに青い瞳、シックス・パックスに割れた腹筋の逞しいバディー。ホームレスだった少年はたちまちアイドルとなります。TVドラマ「ビバリーヒルズ青春白書」のサウンドトラックにも収録されたThe Right kind of Loveは年間チャート68位のヒット。

ORDINARY WORLD / DURAN DURAN
1993年のヒット曲集。ラストは年間では34位なのですが、名曲!Duran DuranのOrdinary World.
メンバー全員がイケメンのイギリス出身のバンド。ヴィジュアルだけではなく演奏も実力のあるバンドで、80年代ヒットを連発します。また彼らの制作するヴィデオも話題となるとにかくセンスの光るバンド。Ordinary Worldは93年に発表されたWedding Albumに収められている曲。Ordinary World直訳するとOrdinary=普通・通常の。。World=世界。普通の世界。このタイトルからどんな内容なのか?と思うはず。これが切なくて胸にキュ~~~ンと来てしまう内容なのです。去って行った恋人の影が残る日々、日常から遠く離れてしまうほど空っぽになってしまった心。。普通の世界~ありきたりの日々を探そうとしている傷心の歌なのです。それが押しつけがましくなくサラっと表現するので、切なさ倍増なのです。

何度聞いても胸がきゅ~ん。
ORDINARY WORLD / DURAN DURAN
http://www.youtube.com/watch?v=dDLiVwpv89s&ob=av2e
[PR]
by lucykent824 | 2010-11-02 00:58 | Comments(0)