Lucy's Blog lucyk.exblog.jp

Radio DJ : Lucy Kent


by Lucy Kent
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

<   2013年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

鳥手羽先、大根と椎茸煮

鳥手羽先、大根と椎茸煮。
d0116799_21412730.jpg

お好みの油(今夜はごま油使用)で手羽先を炒め、そこに大根、お酒を加え、更にお水、お砂糖、お醤油(更に、私はみりんの代わりに梅酒を加えます)を加え20分ほど煮ます。大根が軟らかくなっていたら火を止めてしばらくそのままに・・食す頃には味が浸みこみ美味しく頂けます♪ 茹でておいた大根の葉をパラパラっとかけて出来上がり♪
(かつお等の出汁やみりんもあり・・・だと思いますが、鶏肉の出汁で十分美味しいです。私はみりんの代わりに梅酒を加えます♪)
胡麻豆腐、鱈の酒蒸し、わかめとえのきの味噌汁、朝食用に作り余った肉じゃがと一緒に頂きました。
[PR]
by lucykent824 | 2013-02-28 21:40 | Home Cooking&Recipes | Comments(0)
小松菜&コンソメで煮た人参を薄切りポークで巻いて塩胡椒で炒めました。
d0116799_21394534.jpg

[PR]
by lucykent824 | 2013-02-25 19:40 | Home Cooking&Recipes | Comments(0)

ふろふき大根

ふろふき大根:
d0116799_21382043.jpg

大根は皮をむき(面取りも・・)お鍋に昆布を敷き、大根を入れて茹でます。(私はその前にお米のとぎ汁で下茹でしました)茹でている間におネギを刻む&ソース作り。赤みそ&みりんをまぜまぜ。茹であがった大根にかけて一味唐辛子と薄くスライスしたゆずの皮をのせて出来上がり♪
[PR]
by lucykent824 | 2013-02-21 21:35 | Home Cooking&Recipes | Comments(0)

里芋と蒟蒻の煮物

里芋と蒟蒻の煮物:
d0116799_21332614.jpg

蒟蒻と里芋は同じ大きさに切り、里芋を水にさらし、蒟蒻は下茹でしておきます。お鍋にお水&煮出し昆布、里芋、蒟蒻、お砂糖を入れてしばらく煮ます。里芋が柔らかくなりましたらお醤油を入れてまたしばらく煮て出来上がり。昨夜、寝る前に作っておきましたので、味がしっかり染み込んでいて美味しく頂きました。出汁用に使った昆布は今夜、佃煮に変身して食卓に登場します♪
[PR]
by lucykent824 | 2013-02-21 12:32 | Home Cooking&Recipes | Comments(0)
今夜はオイルサーディンのパスタ:
d0116799_21312253.jpg

オリーヴ油とバターでにんにくと鷹の爪を炒め、香りが出てきましたら長葱・サーディンを炒め、白ワイン、お醤油、塩胡椒で味付け。パスタの上に細かく刻んだトマト、調理したサーディン&刻みのりをのせて出来上がり。細かく刻んだあさつきがあればなおベター♪
昨夜、朝食用に焼いておいたパンと一緒に頂きました。
[PR]
by lucykent824 | 2013-02-18 18:29 | Home Cooking&Recipes | Comments(0)

土佐煮

土佐煮:だし汁でたけのこが柔らかくなるまで煮ます。お酒、薄口醤油、お砂糖、みりんを加えて落し蓋をしてし煮汁が少なくなりましたら削り節をまぶして出来上がり。木の芽がなかったので、貝割れ大根を添えました。
d0116799_21254364.jpg

[PR]
by lucykent824 | 2013-02-17 18:24 | Home Cooking&Recipes | Comments(0)
1月22日”カレーの日”。
JFNビッグスペシャルでご紹介した千葉茂さんのカツレツカレー『元祖!カツカレー発祥の店、グリル・スイス』。生放送中はツイッターやメールでリスナーの皆様とカレーの話題でとても盛り上がりました。

2月1日、番組スタッフとともに、その元祖!カツカレー発祥のグリル・スイスへ行ってきました。

守備範囲の広い華麗な二塁守備で知られる千葉茂さん(昭和13年に東京巨人軍に入団、昭和31年に現役引退。引退後はジャイアンツや近鉄バッファローズのコーチ・監督を歴任)

昭和23年当時、『銀座テーラー』で巨人軍のユニフォームは作られていたそうで、千葉茂さんもテーラーの帰り道にここグリル・スイスでお食事をされていたそうです。

伝統の一戦巨人・阪神の試合のある日、お腹がすいて沢山食べたい、早く食べたい、ガッツリといっきに食べたい!との事で思いついたのが、『カツレツを乗せたカレーライス』。

当時、カレーライスに何かを乗せる発想は無かったそうで、お店の方はビックリしながらも千葉茂さんのご要望にお応えしたところペロリとたいらげてしまい、あるときは二皿も召し上がったそうです。
千葉茂さんはカレーライスとカツレツが大好物。また、カツレツは勝負に勝つ(カツ)と言う、験を担ぎ、試合前によく召し上がっておられたようです。

美味しそうに召し上がるその姿と、ボリュームや美しさで、早速メニューに取り入れたところグリル・スイスの人気メニューとなり、その人気は全国的に広がって行ったそうです。

元祖カツカレー、たまカツカレー (オムレツの中に揚げたてカツ)、ヒレカツカレー、ハヤシライス、カレーとハヤシが一緒になったハーフ&ハーフなど、メニューも豊富でしたが、私はもちろん『千葉さんのカツレツカレー』1、365円を頂きました。

柔らかいお肉のカツレツにじっくりと煮込んでいるのがわかる、具材が溶け込んでいる濃厚なカレー。お食事の前にセットとして頂いたスープも美味。

お店の雰囲気も、カレーも、お皿に盛られたお料理も、きっと昔のままと感じるこだわりやレトロ感。。とっても素敵でした。

グリルスイス 銀座本店:東京都中央区銀座3-5-16
お店のホームページにはその千葉茂さんのカツレツカレーのエピソードもあります。
http://www4.ocn.ne.jp/~g-swiss/index.htm

d0116799_121576.jpg

[PR]
by lucykent824 | 2013-02-08 01:03 | Comments(0)

真鱈子の煮つけ

真鱈子の煮つけ

整ったピンク色の鱈子ではなく、黒っぽい皮の大きな真鱈子ですが、煮つけるととっても美味しいのです。金沢へ旅したさい必ず立ち寄るのが創業天保元年の『俵屋』とお母さんの手作り料理を堪能できる『寺喜屋』。その寺喜屋さんでいつも頂いていたのが、この真鱈子の煮つけ。
2000に入り、フジTVで毎週土曜日の朝に放送していた旅番組『マルコポーロの子供たち』。日本の方々が気付かない日本の素晴らしさを外国人からの視点で再発見していただくと言う内容のプログラム(2002年3月30日放送終了)。
毎週様々なフィールドで活動されている在日外国人が週替わりでなヴィゲート。私も出演させて頂いていたのですが、はじめて番組に出演させて頂く時に選ばせて頂いたのが、金沢でした。80年代Kentosのライブで毎月のように訪れていた街。次のツアー地へ行く前に早起きして俵屋までお散歩をして水あめを買い、寺喜屋さんでランチを頂き空港へ行っていました。

加賀百万石として繁栄した金沢。その名残と風情を感じるとても魅力的な町。ご存じ日本三名園の一つ、兼六園はもちろん。番組では、私の大好きな『銭湯』の壁画を数多く手がけた壁画家のアトリエを訪ねたり、由美かおるさんよろしく入浴シーンも披露したり、『俵屋』さんで水あめ作りのプチ修行をさせて頂いたり、格子戸の連なる町並みがとても美しいひがし茶屋街を訪ねたり。。Etc., etc., 2週に渡って金沢の魅力をお伝えしました。
そして必ず立ち寄っていた『寺喜屋』さんでも取材でプチお料理修行。この真鱈子の煮つけも『寺喜屋』さんで教わった一品なのです。


出し汁にお砂糖、お酒、お醤油、みりん&生姜。

表面を水で洗い、カットした真鱈子を入れていきます。
するとフワーっとお花が咲くように広がり、形を変える真鱈子。
しかし皮がしっかりとしているのでバラバラにはならないのです。
あとは弱火にかけて中まで火が通るように様子を見ながら煮ていきます。
お酒の肴に、ご飯のおかずに。。とっても美味しい一品です。
お魚屋さんで黒い皮の真鱈子を見つけると迷わず買ってしまいます♪

寺喜屋は中に入るとすぐにカウンターがあり、そこにお母さんたちが日替わり
で作ったお惣菜がずらり並んでいるのです。それらを選んで頂く温かみのある家庭料理。
お刺身などもありますよ♪
そのマルコポーロの子供たちの取材以来ですからもう10年?くらい訪れていません。
またいつか・・今度はぶらり一人旅で・・行きたいです。

d0116799_2084320.jpg

[PR]
by lucykent824 | 2013-02-06 20:10 | Home Cooking&Recipes | Comments(0)

たらのすり身汁

〇たらのすり身汁

準備するもの:
★人参や大根などお好みのお野菜。

★椎茸・舞茸などお好みの茸類

今夜は大根、人参、長葱、椎茸、舞茸&しめじを入れました。

★鰹だし
★しょう油
★塩

鰹でとった出汁(顆粒の鰹出汁でもOK)にタラのする身をスプーンですくって入れます。
お好みの大きさに切ったお野菜&茸類も加えて、しばらく煮ます。お醤油&ほんのちょっぴりみりんも加えて、最後にお塩で味を調えて出来上がり♪

*生姜を入れるとさらに身体が温まります

〇鰤の塩焼き&おろし大根
〇水菜と千切り胡瓜&お豆腐のサラダ(前日に食べた棒棒鶏サラダのタレをかけて・・)
d0116799_18432694.jpg

[PR]
by lucykent824 | 2013-02-06 18:45 | Home Cooking&Recipes | Comments(0)

ガーリックシュリンプ

ガーリックシュリンプ

準備するもの:

★シュリンプ
★白ワイン
★小麦粉
★にんにく
★玉ねぎ又はエシャロット
★バター
★塩胡椒

シュリンプは白ワインに漬けて下味をしておきます。
にんにく&玉ねぎ又はエシャロットをみじん切り。
シュリンプは水気を切り、小麦粉をまぶします。

フライパンにオリーヴオイルを熱しシュリンプを焼き、一旦シュリンプを取り出しておきます。別のフライパンにバターでにんにく&玉ねぎ又はエシャロットを炒めます。そこにシュリンプを加え炒め出来上がり♪

d0116799_238576.jpg

[PR]
by lucykent824 | 2013-02-05 23:10 | Home Cooking&Recipes | Comments(0)