Lucy's Blog lucyk.exblog.jp

Radio DJ : Lucy Kent


by Lucy Kent
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

<   2014年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

Good evening♪
2月も今日まで。。明日から3月!
2月3日の節分、2月11日の建国記念日、2月14日のバレンタインデー、 そして4年に1度の冬季オリンピックの開催。一年で一番寒い2月、体感温度は低くとも、オリンピックTV観戦で寝不足はしましたが^^; しかし、これらイヴェントのお陰で気持ちだけでも熱く過ごせました^^ 感謝。 地域によっては桜の便りも届いていて、春は確実に近づいてはいますが、まだまだ油断大敵。栄養のあるお食事、うがい手洗い等、出来る限りの風邪予防を心がけて、元気に春を迎えましょう!さて、今日もThe Lucy Showをお聞きいただいた皆様、有難うございました。今夜のソングリストです♪

The Lucy Show Fri. 20:00-22:00

20:00-21:00 Song list
Peter Gabriel / Sledgehammer
Bruno Mars / Locked Out Of Heaven
Gorillaz / Feel Good Inc
Blur / Beetlebum
ユニコーン / WAO!
Coldplay / Viva La Vida
Oasis / Don't Look Back In Anger
Styx / Babe
Misia / つつみ込むように
Michael Jackson / Rock with you
Tevin Campbell / Can we talk?
Randy Crawford / You Might Need Somebody
Quincy Jones / Soul Bossa Nova

The Lucy Show Fri. 20:00-22:00
21:00-22:00 Song list 北欧&フレンチポップス特集。
Silje / Tell Me Where You're Going
Bernhoft/ Choices
Ole Borud / She's like no others
Dirty Loops / Hit me
Deep Fprest / Marta's song
Daft Punk / Get Lucky
Clementine / Un homme et une femme
Francis Lai / 13 Jours en France
Francis Lai / Love Story
Sylvie Vartan / La plus belle pour aller danser
Michel Polnareff / Tout, Tout Pour Ma Cherie
Philippe Saisse / Comment te dire adieu
Michel Legrand / Les Parapluies de Cherbourg
[PR]
by lucykent824 | 2014-02-28 22:46 | Comments(0)
PREMIUM WORLD on K-mix。

心地良い音楽を聴きながら世界中をドライブ。。

『プレミアム・ワールド』今日はフィンランドの首都ヘルシンキをドライブ♪ OA なう。 

http://t.co/Mio5yT8yp0
[PR]
by lucykent824 | 2014-02-28 18:33 | Comments(0)

フランシス・レイ

今日2月27日は『冬の恋人の日』なのだそうです。

2月14日のバレンタインデーと3月14日のホワイトデーの中間にあって「きづ(2)な(7)」の語呂合せから恋人達が絆を深める日とのこと。

脳裏にはフランシス・レイによる「白い恋人達」が流れてきました。

フランシス・レイと言えば、1970年に公開され、「Love means never having to say you're sorry / 愛とは決して後悔しないこと」の名台詞を残した『ある愛の詩』のテーマでアカデミー作曲賞を受賞。

音楽の力を物凄く感じたこの作品を久しぶりに観て、ご紹介したくなりました。裕福な家庭に育ち代々ハーバード出身のオリヴァーと庶民の娘ジェニファーとの悲恋物語。映画やドラマにはよくある設定なのですが、この映画がいつまでも人々の心に残る作品にしたのがフランシス・レイによるテーマ音楽と言っても過言ではないと私は思います。
雪の中で二人が戯れる何気ないシーンも、オリヴァーが一人でスケートリンクで滑り、それを見つめるジェニファーの表情を重ね合わせるシーン、オリヴァーが一人ベンチに佇む映画のオープニングとエンディング等、限られた予算内で試行錯誤を重ねながら完成した99分。この曲を聞く度にそれら美しいシーンが蘇ります。http://www.youtube.com/watch?v=l1DoQhO6gt8&feature=share
[PR]
by lucykent824 | 2014-02-27 10:55 | Comments(0)
今日のディナー:ポークチャップ・アップルサイダーソースwithベイクド胡桃&野菜。
日本でサイダーというと炭酸飲料と思われますが、このアップルサイダーとはりんごをそのまま、まるまる絞ったジュース。シナモン、カルダモン、クローブなどのスパイスにレモンやオレンジの皮を加えて煮込むホットアップルサイダーという冬の定番ドリンクも身体の中からを温めてくれます♪ 今日はこのアップルサイダーでポークを焼きました。
☆ 人参と薩摩芋はダイス型に切り、少し硬めに茹でておきます。
☆ フライパンにオリーヴ油でにんにく、玉葱とセロリのみじん切りを炒め、しんなりとしましたら他の野菜&胡桃を加え、タイム・オレガノ・セージ等お好みのハーブをふりかけてオーブンで焼きます。
☆ フライパンにオリーヴ油、ローズマリー&にんにくで豚肉を焼き、表面に焦げ目ができ付きましたらオーブンのお野菜の上に乗せて一緒に焼き、その間にソースを作ります。
☆ ポークを焼いたフライパンにりんご酢を注ぎ、焼いたポークの焦げ目を洗うかのようにかき混ぜながら火を通します。細かく刻んだにんにくを加えてかき混ぜながら煮込み、アップルサイダー、マスタード(つぶでも練りでもOK)、細かく刻んだ鷹の爪の順に加えていき、かき混ぜながら煮込んで行きます。ソースがトロっとしましたらポークをフライパンに戻し、ポークを裏返す、スプーンでソースをかける。。を、焦がさぬよう繰り返し焼いていきます。

今日は色々お野菜の上にのせて戴きましたが、そのままでも、お好みのお野菜を添えてくださいね♪
d0116799_21171181.jpg

[PR]
by lucykent824 | 2014-02-16 21:36 | Home Cooking&Recipes | Comments(0)
今日のランチはチキンのオリーヴ&トマト煮込み

☆ 鶏肉は塩胡椒、オレガノ、ローズマリー、オリーヴ油に漬けておきます。
フライパンにオリーヴ油でにんにくを炒め、玉葱を炒め、しんなりとしましたら人参も加えて炒め、最後にローリエも加え炒めたらお鍋に移してお水を加えて火にかけます。その間にフライパンにオリーヴ油で漬けておいた鶏肉を炒め赤ワインを加え鶏肉に火が通り、赤ワインのアルコールが飛びましたらお鍋に移し、コンソメ少々、トマトの水煮缶、輪切りにしたオリーヴ&パプリカも加えて弱火でグツグツと煮込みます。塩胡椒で味を調節。お皿に移しパセリをふりかけ、クレソンも加えて出来上がり♪
黒オリーヴも加えるとお味も色合いも良くなるのですが、今日は黒オリーヴがなかったのが残念(T_T)

☆ サッパリとしたトマト味。又は隠し味にソースやバルサミコを少しだけ加えると味に深みが出ます。お好みで加えてみてくださいね :-)
今日は麦ご飯と一緒に戴きました。
d0116799_17513891.jpg

[PR]
by lucykent824 | 2014-02-15 17:52 | Home Cooking&Recipes | Comments(0)
今日のThe Lucy Show on 84.4 FM Tachikawaでは、世界のヴァレンタインのお話をラブソングと共にお送りしました。(毎週金曜日20:00-22:00 OA)

バレンタインデーの歴史は、ローマ帝国の時代にさかのぼるとされています。

当時、ローマでは2月14日は女神・ユノの祝日。ユノはすべての神の女王であり、家庭と結婚の神。翌2月15日は、豊年を祈願するお祭の始まる日。そのお祭りの前の日に女性たちは自分の名前を書いた札を桶の中に入れ、翌日になると男性達はその桶から札を1枚ひき、そこに書かれている名前の女性と、お祭りの間パートナーとして一緒にいることと定められていたのだとか。そして多くのパートナーたちはそのまま恋に落ち、結婚。

しかし、愛する人を故郷に残すと士気が下がるという理由から、兵士の結婚は禁じられていたそうで、それを知ったイタリア人のバレンチノ司祭は、恋に落ちた兵士と女性達を密かに結婚させてあげました。それを知ったローマ皇帝は怒り、処刑されてしまいます。その後、バレンチノ司祭は聖人として処刑された2月14日を愛の記念日にしたというのが一般論なのだそうです。バレンチノは英語読みでバレンタイン。。St. Valentine's Day。

そして、そのValentine's dayもところ変われば。。いろいろなスタイルがあります。今日の放送では世界ではValentine's dayをどのように過ごしているのか?愛の歌を聴きながらお送りしました。

ここ日本では女性が男性にチョコレートを贈り、愛を告白する日としたイベントになっていますが、私の国アメリカでは、プレゼントは女性から男性へとだけに限らないのです。むしろ、恋人同士やご夫婦で、男性が女性をお誘いしてロマンチックなディナーを楽しむ日。

子供たちも男女問わず、学校でヴァレンタインカードとキャンディーやチョコを贈ります。手作りのカードも多く、私も小さい頃はクラスメイトに作った事を思い出します。

デパートやキャンディーショップだけではなく、スーパーマーケットにもバレンタインデー用の様々なキャンディーやチョコがいっぱい。中でも特にポピュラーだったのは、Sweethearts candyと言う日本で言うラムネのような小さいハート型のお菓子にKiss me、Be Mine、Hugs、I Love you、Be my Valentine私のバレンタイン等の愛の台詞書かれているもの。それを手作りカードに貼り付けるのです。子供心にもしっかりと贈るお相手によってそれら台詞を振り分けていて・・今思うとオマセだったなぁぁと思います^^;

また、”義理チョコ”と言う言葉も、習慣もありませんが、中にはお仲間とブレイクタイムのおもてなしとしてお徳用の大箱に入ったチョコレートやキャンディーをオフィスに持って行く等はあっても、基本は恋人たちやご夫婦がロマンティックに過ごす日なのです。
男性はバラの花やプレゼント、チョコレート、愛の言葉が書かれた風船などを贈ったり、ちょっとお洒落なレストランを予約して一緒にお食事と言うのがポピュラーです。

そして、ホワイト・デーもアメリカにはありません。
これは日本でバレンタインデーが定着するに従って、ホワイトデーと言う日が制定されたそうで、その元祖については諸説あり、まずはバレンタインチョコのお返しとして「君からもらったチョコレートを僕の優しさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ」とシュマロを贈る「マシュマロデー」でスタートだったそうです。それが、Valentine's Dayの1ヶ月後、3月14日に定めたられたのが1978年(昭和53年とも1980年(昭和55年)とも言われ、記念日名もマシュマロからホワイトデーに変ったといわれています。又“ホワイト・白は「幸福を呼ぶ」「縁起が良い」という意味がある”ということで、バレンタインデーの1ヶ月後をホワイトデーを設定したとのエピソードもあるそうです。
私達アメリカ人にはない記念日&習慣ではありますが、毎年3月14日が近づくと、お菓子売り場でお返しの贈り物を探している男性方を微笑ましく思い、素敵だなと感じます。

では、このヴァレンタインデー、そのほかの国ではどのように呼ばれ、どのようなお祝いがされているのでしょうか?調べてみたところ。。

○ 台湾では、欧米のように女性から男性と限られておらず、恋人たちのための日になっているそうで、男性から贈り物をするケースの方が多いとのこと。

○ 中国では「恋人の日」と言われる伝統的な記念日年に2回あるそうです。ひとつは「ユエンシアオジエ」(旧暦1 月15 日)と織姫と彦星で有名な七夕が、もともと『ちん れん じぇ』「情人節」、日本語にすると「恋人の日」という意味の日なのだそうです。しかし、現在では若者はそれら2つの記念日と同じように、バレンタインはポピュラーなイヴェントになってきているようで、欧米と同じように男性から女性へ贈り物をする日になっているそうです。花束が一般的で、バラを贈るのがポピュラーなのだそうです。またそのバラの数で色々な意味があるそうなのです。

1 本  あなただけ
2 本  世界に二人だけ
3 本  愛しています
7 本  ひそかに愛していました
10 本 完全無欠
13 本 友情は永遠に
15 本 ごめんなさい
99 本 永遠
100 本 100%の愛
108 本 結婚してください
365 本 毎日、あなたを思う

○ 韓国では、日本と同じように2月14日には女性が男性にチョコレートを贈り、また日本と同じように3月14日に男性からお返しをするという習慣が定着しているとのこと。それに加え、4月14日に「ブラックデー」という韓国オリジナルのイベントがあるのだそうです。このブラックデーという日は、バレンタインデーに何ももらえなかった男性が、韓国料理のチャジャン麺を食べて自分を慰めるという日になのだそうです。

○ フィンランドではバレンタイデーは「ユスタヴァンパイヴァ」「友情の日」と呼ばれ、友人達にカードなどを送るのだそうです。記念切手も販売され、日本の年賀状のように、郵便局では「遅くとも○○日までにカードを出してください」とと呼び掛けるそうです。
○ スウェーデンではバレンタインデーを Alla hjartans dag (All Hearts' Day) 直訳すると、「全てのハートの日」「真心の日」と呼ばれ、男性から女性へ愛のポエムを送ったり、バラの花やハート型のお菓子をプレゼント。
○ ノルウェーでも男性から女性にチョコレートと花束を贈ります。
○ 同じ北欧でもデンマークではバレンタインを祝う習慣がないのだそうです。

○ 南米ペルーでは、午後にリマにある「恋人たちの公園」を訪れ、夜はディナーとともに男性がプレゼントを贈るというのが、ポピュラーなのだそう。

○ トルコでも「愛の日」と呼び、プレゼントを交換したり食事を楽しんだりと、バレンタインデーが定着して来ているそうです。

○ アフリカでは、バレンタインデーのプレゼントには、プレゼント、お花、カードなどを贈りランチやディナーに招待するのだそうです。

○ 今年ワールドカップが開催される情熱的なブラジルのバレンタインにあたる日は、6月12日なのだそうです。「 Dia dos Namorados」縁結びの神様である聖アントニオの命日が6月13日で、そのイブを恋人の日に制定したのだそうです。ロマンテックなレストランでお食事をして、男女共にプレゼントを贈りあうのだそうです。

2月14日は世界共通の愛の日だと思っていたのでこうして調べると驚く事がいっぱいですね。

最近では新聞の広告欄を利用して愛のメッセージを載せる人も多くなって来ているそうです。またもっとダイナミックにヘリコプターの低空飛行で愛の告白やプロポーズ、また飛行機雲を利用してお空にメッセージを描くなど、映画の世界だけだと思っていたそんなゴージャスなサービスまであるそう。。。

そう言った豪快なスタイルも、欧米スタイルでもアジアンスタイルでも。。
愛する気持ちを確かめ合うロマンティックな日があるというのは素敵です。

今日はバレンタイン。。皆さんどのように過ごされていますか?
恥ずかしくて何も出来なかったという方、今年はせっかく金曜日にあたったこの特別な日。Valentine's Weekendと致しましょう。この週末を利用して、どうぞ恥ずかしがらずに、しっかりとそのお気持ちをお相手にお伝えして、ロマンチックなValentine's Week-endをお過ごしくださいね♡

皆さんに、Happy Valentine's Day!!
[PR]
by lucykent824 | 2014-02-14 21:49 | Comments(0)
Happy Valentine's Day!
雪の降るヴァレンタインとなりましたね。寒いけれど、どうぞロマンティックな一日をお過ごしください。さて、ヴァレンタインとは無縁(T_T)で日中は自宅でお仕事寒いので。。
ランチは白味噌&豆乳の和風シチュー。

バターは使わず、米粉で作ったホワイトソースなので、カロリーも控えめ&ヘルシー。また、里芋そして、出来れば大根よりかぶがあれば最高なのですが、雪の日はあり合せの材料で。。お好みのお野菜を加えてください♪

昆布でとった出汁に大根、人参、洗って水にさらしたごぼう&れんこんを煮込み、昆布を取り出し、白ワインを加え、アルコールを飛ばしてからブイヨンを加えもう少し煮ます。白味噌&しめじを加えてもう少し煮込み仕上げに豆乳に米粉を混ぜたものを加えてとろみをつけ、材料を器に移し、焼いた鮭、刻んだ小葱&ごまをふりかけて出来上がり。
d0116799_15203698.jpg

[PR]
by lucykent824 | 2014-02-14 15:22 | Home Cooking&Recipes | Comments(0)

ラムチョップ

d0116799_23391229.jpg
今夜はラムチョップ。

☆ ラム肉にお塩と胡椒をふり、オリーヴ油、にんにく、ローズマリー、摩り下ろしたレモンの皮、刻んだミントとイタリアンパセリに漬けて、1時間以上冷蔵庫に寝かせておきます。フライパンにオリーヴ油でにんにくを炒め、香りが出ましたらラム肉を焼きます。

☆ ソース:ラム肉を取り出し、フライパンに残った肉汁にバター、白ワイン、チキンブロス(鳥の出し汁)を弱火で煮込みソースを作ります。

☆ クスクスは同じ分量のお水、ドライトマトを加えレンジでチン。オリーヴ油、イタリアンパセリ、ミント、お塩&胡椒、摩り下ろしたレモンの皮とチーズ(Fetaが理想)を加えて混ぜます。今日は小さなカップに入れてお山の形にしてみました♪
[PR]
by lucykent824 | 2014-02-12 23:39 | Home Cooking&Recipes | Comments(0)
オレンジ入りトスサラダとミートボール

☆ オレンジ入りトスサラダ
お好みのグリーン(今日はレタス、ベビーリーフ、サラダほうれん草&ブロッコリースプラウト)、薄くスライスしたレッドオニオン、細かく刻んだアーモンド、ベーコンビッツとオレンジ。お好みのドレッシングをかけて。。私は残ったオレンジを絞り、オリーヴ油&お塩で戴きます。

☆ ミートボール
お鍋にオリーブオイルを熱し、にんにく、玉ねぎを炒め、しんなりしましたらお湯(又はお水)を加え、ブイヨンを入れてグツグツ、トマト缶とオレガノ、パセリ、ローリエを加えて更にグツグツ煮ている間に。。
牛豚合いびき肉にお塩、コショウ、ナツメグ、オレガノ、パセリ、パン粉、卵、牛乳少々を加えこね、ボール形にします。オーブン又はフライパンにオリーブ油を熱してミートボールをしっかりと焼きます。焼けたミートボールをトマトソースに加えグツグツ。味をみながらお塩と胡椒で味を調節してください。器に移し、パセリをふりかけて出来上がり♪パルミジャーノチーズをかけて戴きます。
d0116799_21405094.jpg

[PR]
by lucykent824 | 2014-02-11 21:42 | Home Cooking&Recipes | Comments(0)
今日のディナー:野菜、クスクス、お豆色々、ドライアプリコット、胡桃&鱸のソテー、バルサミコ&ハニーマスタードソース。
☆ お好みの野菜を下茹でしておきます。(今夜は人参、セロリ、薩摩芋、ブロッコリー、カリフラワー、インゲン)
☆ 耐熱皿に茹でたお野菜、ドライアプリコット(お好みのドライフルーツを)、細かく刻んだ胡桃(お好みのナッツ類を)を入れてお塩少々&オリーヴ油をかけて、230℃のオーブンで15分焼きます。
☆ フライパンにオリーヴ油をひき、ニンニクを炒め、ローズマリー&塩胡椒をした鱸を皮から炒め、焦げ目が付きましたら身の方に返しワインをふりかけ炒めます。
☆ オリーヴ油、バルサミコ、はちみつ&マスタードを混ぜたソースをかけて戴きます。
☆ フライパンにオリーブ油&お塩一つまみを加えたクスクスを2~3分まぜまぜ、お湯を入れて更に混ぜます。火を止めて蓋をしてしばらく蒸らします。ミックスビーンズと茹でた冷凍枝豆も加えます。
お魚の身をほぐしてお野菜、クスクス&ソースに絡めながら戴くと美味しいです。
d0116799_21235017.jpg

[PR]
by lucykent824 | 2014-02-10 21:27 | Home Cooking&Recipes | Comments(0)