人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Sunday Morning 12月12日 Song List

Sunday Morning 12月12日 Song List

日に日にクリスマスムードが高まっていますね。そして、今日12月12日はバッテリーの日なのだそうです。クリスマスまであと13日、年末まであと19日。2021年もあと2週間とちょっと。。慌ただしいこの季節。機材だけでなく、私たち人間も充電しなくてはならないほど慌ただしい💦。

少しでも時間が取れた時は是非FM川口にTune inして音楽を聴きながらリラックスしてくださいね。

今週も多くのアーティストがお誕生日を迎えています。
そんなバースデー・アーティストのナンバーとクリスマスソングを集めてお送りしました。

M#1. Brenda Lee / Rockin' Around the Christmas Tree
オープニングは昨日77回目のバースデーを迎えたアメリカ人シンガーBrenda Lee。1955年にデビューし、60年代には47曲が全米ポップチャートにランクイン。エルヴィス・プレスリー、ビートルズ、レイ・チャールズに続き第4位と言う記録を持つ人気女性ヴォーカリスト。1958年のヒット。映画Home Aloneでもフィーチャーされていましたが、アメリカではこのシーズンになると今でもラジオ、TVそして町でも流れてくるクリスマス定番ソングです。

M#2. Connie Francis / I'll be home for Christmas
今日83回目のバースデーを迎えたコニー・フランシス。1955年に「Freddy」で歌手デビューしWho's Sorry Now?、Where The Boys Are、Lipstick On Your Collar、Pretty Little Baby、Lollipop Lips、Vacationなどなど50年代から60年代にかけて数々のヒットをチャートに送り込んだ人気女性ヴォーカリスト。

そんな彼女のホリデーアルバムから邦題:「クリスマスを我が家で」。1943年にビング・クロスビーによってレコーディングされ、リリース。その後も現在に至るまで多くのシンガーによって歌い継がれているクリスマス・ソングのスタンダード・ナンバー。

M#3. Frank Sinatra / Let it snow, Let it Snow, Let it snow
クリスマスのスタンダードTuneをもう一曲。
1945年にVaughn Monroeによってレコーディングされ、リリース。全米ポップチャートの1位に輝いている楽曲を、今日12日がバースデー、20世紀アメリカを代表するエンターテイナーの一人でThe Voiceと呼ばれたFrank Sinatraが1950年にレコーディングしたバージョンで。

M#4. Jermaine Jackson / Let's Get Serious
ジャクソンファミリーの三男でマイケルジャクソンのお兄様。昨日11日に67回目のバースデーを迎えたジャーメイン・ジャクソン。。1980年に発表したアルバムからのタイトルトラック。スティーヴィー・ワンダーがプロデュース、演奏そして、曲の途中でヴォーカルでも参加している楽曲。全米ポップチャート9位、全米R&Bチャートでは1位を記録。

M#5. Dionne Warwick / That's What Friends Are For
スティーヴィーが奏でるハーモニカがオープニングを飾る邦題・愛のハーモニー。ヒットメーカーバート・バカラックとキャロル・ベイヤー・セイガーが制作した楽曲でオリジナルは、1982年の映画『ラブ IN ニューヨーク』のサウンドトラックのためにロッド・スチュワートがレコーディング。こちらのヴァージョンは1985年にディオンヌ・ワーウィックがスティーヴィー・ワンダー、グラディス・ナイト、エルトン・ジョンと共演したカバーで、全米ポップチャート1位に輝いています。

そのディオンヌ・ワーウイックも今日81回目バースデーを迎えています。
1963年のデビュー以来、多くのヒットを世に送っている彼女。その中から今日は1979年にバリーマニロウがプロデュースを手掛けたアルバム『Dionne』 からシングルカットされ、全米アダルトコンテンポラリーチャートの1位を記録。この曲でグラミーのベストR&B女性ヴォーカルにも輝いた楽曲。

M#7. Grover / just the two of Us
ジャズ・フュージョン・シーンを代表するサキソフォニスト。70年代中盤からのクワイエット・ストーム、80年代後半のスムーズ・ジャズ・ムーヴメントの礎を作ったお一人。1982年に発表したアルバム『ワインライト』に収録。パーカッショニスト、ソングライター、プロデューサーのラルフ・マクドナルドが作詞・作曲。ビル・ウイザースをボーカルにフィーチャー。全米ポップチャート、全米アダルトコンテンポラリーチャートともに2位に輝き、グラミーベストR&Bソング賞を受賞した邦題:クリスタルの恋人たち。

M#8. Sheila E. / The Glamorous Life
今日12日に64回目のバースデーを迎えたシンガー、ドラマー、パーカッショニストのSheila E。プリンス・ファミリーの一員でもある彼女が 1984年に発表したアルバムからのタイトルトラック。プリンスが書き下ろしたナンバー。全米ポップチャート7位、全米ダンスチャート1位。

M#9. Taylor Swift /
明日32回目のバースデーを迎えるカントリー、ポップシーンの歌姫。2012年に発表した4作目からのタイトルトラック。アルバムから5枚目のシングルとしてリリースされ、全米ポップチャート6位を記録。

M#10. SHINee / Don't Call Me
続いては、個人的に大好きなKpopグループを二組。
まずは、メンバーの二人がバースデーボーイズ。
1991年12月9日生まれ、30回目のバースデーを迎えたMinho。
そして、グループの長男 Onewが明後日14日に32回目のバースデーを迎えます。今年リリースされたDon't Call Me。

M#11. BIGBANG / Tonight
元メンバー。ここ日本でもヴァラエティー番組などに出演するほど流暢な日本語で人気を博したV.Iは今日12日に31回目のバースデーを迎えています。2011年に発表したEPからのタイトルトラックの日本語ヴァージョン。

ファイナルトラックは1770年12月16日生まれ。Ludwig van Beethoven。
月光ソナタ 第3楽章を今日はスーパーベーシスト、スーパープロデューサーのマーカスミラーが2005年に発表したアルバム『Silver Rain』収録されているバージョンで。
M#12. Marcus Miller / Moonlight Sonata

今日も番組にお付き合いいただきありがとうございました。
この後も、FM Kawaguchiとともに素敵なSunday Afternoonをお過ごしください。Ciao♡

by lucykent824 | 2021-12-12 15:34 | Sunday Morningソングリスト